データ復旧に関する情報が満載!

ゴミ箱から削除してもデータ復旧は可能なことが多い

パソコンのデータ整理をしていると、間違って必要なデータまで削除してしまうことがあると思います。
その段階であれば、大抵の場合は『ゴミ箱』のなかにデータが残っているので、『ゴミ箱』からデータをドラッグして取り出してやれば大丈夫です。
しかし問題なのは『データが大きすぎてゴミ箱に入らなかった場合』や『捨てたデータが古すぎてゴミ箱に残っていなかった場合』、『外部デバイス上で削除したためゴミ箱に移動しなかった場合』等、何らかの理由でゴミ箱に格納されなかった場合です。
これらのケースに直面したら、多くの人は絶望しながらも諦めてしまうのではないでしょうか。
しかし諦めるのはまだ早いのです。
データ復旧ソフトを使ったり、データ復旧業者に依頼したりすれば想像以上に高確率で復旧が可能だからです。
実はゴミ箱から削除したデータは、通常の方法では見ることができなくなっているだけで、データそのものが消失しているわけではありません。
もちろんハードディスクを物理的に破壊したり、データの上書き処理を施した場合は、限りなく復旧困難な状態になりますが、ゴミ箱から削除した直後のデータは非常に高確率で復旧可能です。
なお、データの上書き処理は意図しなくても行われてしまうので、間違ってデータを削除してしまったときは、可能な限り迅速に復旧に取り掛かる必要があります。

物理的に壊れたHDDもデータ復旧できる可能性が?

ハードディスクの故障は、物理的なものよりは論理的なもののほうが多いです。
パソコンの内部に装着したままのハードディスク本体に外傷は見当たらないけれど、内部の機構がおかしくなってデータが読み込めなくなったというケースがごくごく普通の故障風景です。
こういった論理的なハードディスクの故障は、データ復旧業者に依頼すれば高い確率で直してくれます。
本体を直せない場合でも、データを吸い出してまた新しいハードディスクに移し替えてくれます。
したがって、貴重なデータを失わなくても済むのです。
ただ、ハードディスクが物理的に壊れてしまうというケースもまれではありますが存在しています。
とくに最近はノートパソコンやスマートフォンなど、外に持ちだして使う機器も多くなってきていて、それらにもすべてハードディスクは搭載されているからです。
落下させて物理的にハードディスクが故障をしたというときにも、しかし諦める必要はまったくありません。
外的な傷があろうと、水に濡れてしまったとしても、最近の業者はありとあらゆる手を使ってデータ復旧に努めてくれます。
数割はデータを抜き出すことができる場合が多く、それだけでもダメージはある程度食い止められるのではないでしょうか。


check


ネーミングの専門企業です


伊勢原 不動産








最終更新日:2020/1/29